eラーニング導入のススメ

ITを利用した新たな学習形態であるeラーニングが多種多様な分野で注目されています。そんなeラーニングの導入目的や活用事例をご紹介しますので、是非ご参考ください。

eラーニング導入の目的

新しいものが次々と生み出される今、企業を成長へと導くためには、変化に伴い新しい製品やサービスの知識を得る必要があります。しかし、その都度集合研修をしていては時間や労力、コストがかかりますし、日々の業務にも支障をきたす恐れがあります。
その問題をクリアするためにeラーニングの導入が求められています。また、知識技術の習得だけではなく、理解度確認テストでの個人のスキル管理も行うことができます。それらができるeラーニングは、企業を成長へと導くでしょう。

eラーニングの活用事例

⇒ 新入社員研修

内定者に向けて行う新入社員研修では、一人ひとりの素質やスキルのアップを図れる場が欲しいと願っている企業は多数存在します。そんな時にeラーニングを活用することで、入社までの間にコミュニケーションを取りながら必要な基礎固めを実施したり、情報を提供するなどの取り組みが行えます。
このプロセスを積むと、入社時に内定者全員が受講するべき「必修」と、個々のスキルや経験などによって選択する「フリーチョイス」形式を進められます。

⇒ 人材育成セミナー

厳しい競争社会の中で成功を収めるためには、人材育成が大きな課題となります。働いている社員一人ひとりのスキルや意識の向上を図るためにセミナーや講習への参加を促している企業も多いです。
しかし、日々の業務に追われている多忙な社員にとっては、毎回参加するのは難しいものがあります。
そんな人材育成セミナーもeラーニングを活用すると、低コストで効果的な運営が可能となります。

⇒ 企業の方針や制度の説明

eラーニングは知識やスキルの向上だけでなく、企業の方針や制度の変更などを全社員に理解してもらうためのツールとしても活躍します。例えば、人事制度の改新や新しい制度の導入などにより説明会を設ける必要がある場合も、eラーニングを活用することでスムーズに制度の理解や定着が促せます。

弊社では、eラーニング導入をサポートするために中堅企業向けの教材作成ツール「g-wise+」を低価格でご提供しております。企業の将来を担う優秀な人材を育てるため、方針や制度の浸透のためにも、中堅企業向けの「g-wise+」をご利用ください。