スマートボードで高効率会議



問い合わせたは、0422-26-8035まで

    〒181-0002東京都三鷹市牟礼4-11-13 スマートコラボレーション株式会社

スマートボードのロゴスマートボードとは

スマートボードの歴史

 スマートボードは、1991年にSMART Technologies社が世界初開発した電子黒板(Interactive White Board)、世界シェアはトップです。
 スマートボードのコンセプトは、開発当初から変わらず「直感的な操作」「電子ペンは不使用」です。すなわち、白板や黒板を使っている感覚で電子黒板を使えることです。
1.1991年~
(1)タッチセンスは感圧式
(2)ボードと4色ペンと白板けしを置いたペントレイが接続され、
   それぞれを取った時自動的に動作を決めます。
2.2009年~
(1)タッチセンスはDViT™(デジタル ビジョン タッチ)技術
(2)ボードの4隅に着いたCMOSカメラでペンと白板けしと指を区別し
   動作を切替える。ペン色はペントレイについた釦で切り替え。


3.2013年~
(1)主力機種をボード+プロジェクタータイプから
   フラットパネルタイプに切り替え
(2)2色のペンを識別可能とし、二人同時書込みを可能とした
4.2017年~
(1)タッチセンサーとしてHyPrTouch™機能を搭載し、
   4色のペン識別と16点同時タッチ可能な最上位機種をリリース

スマートボードの特長

(1)直感的操作
(2)学校授業用NOTEBOOK、会議用Meeting Proの
   スマートボード専用ソフトの提供
(3)MS-OFFICEとPDFとの緊密な連携

スマートボードに向く会議と授業

スマートボードの特殊性 

 スマートボードは1991年の発売開始から変わらぬ3つコンセプトで開発し続けています。

  1. 直感的な操作
  2. 学校授業用NOTEBOOK、会議用Meeting Proのスマートボード専用ソフトの提供
  3. MS OfficeとPDFとの緊密な連携

この3つのコンセプトに従い最新のテクノロジーを適用して開発を続けています。この為、他の電子黒板よりかなり高額になります。
その為、次のような安易な電子黒板導入にはスマートボードは向かないと考えています。


スマートボード特長活用会議(SBM)

  1. アジェンダにより議題を決める、特に各拠点を結ぶWEB会議
    1. 従来:手元資料を配り、議長が言葉だけで決めていく
    2. SBM:共有画面にアジェンダを映し議長が結論を書き込んでいく
  2. たたき台を議論で修正・完成
    1. 従来:資料を議論だけで部分修正、後日修正版がメール送付
    2. SBM:資料に修正箇所を書き込み全員が確認、それをそのまま議事録
  3. ブレーンストーミング
    1. 従来:模造紙にポストイットとマジックを使い書込み、不足時順次紙追加
    2. SBM:無限の白板にネットの資料などを貼り付けながらどんどん議論

                  SBMの詳細は

スマートボードの特長動画紹介

1.電子黒板とは@会議/特長

会議における電子黒板の役割を説明しています。それは、白板とスクリーンと議事録の統合です。
スマートボードの他社電子黒板にない特長、直感的操作、他のソフトとの連携、無限大のボード、マルチモニタ機能を紹介している動画です。


2.ホワイトボードと同じ感覚で使える

従来の電子黒板でネックになっていた電子ペンによる複雑なファンクションパッドの操作を一切排除した自然な操作をご確認ください。しかも、指によるタブレットポインター、赤・黒・緑・青の4色ペンや大・中・小の消しゴムの自動認識も行い、従来のホワイトボードと同等の操作感を実現します。

3.IQ機能 ワイガヤ促進機能

思い立った時に簡単に白板を使って議論(ワイガヤ)がしたいというご要望に応えて標準装備しました、PCレスで利用可能です
(1)ホワイトボード機能

 ・ペンを取ればすぐ使えます
 ・スマートボードの直感的操作はそのまま
 ・板面は、スマホでワンタッチ保管
 ・保管した板面で議論再開可能
 ・板面を同時にスマホ、タブレットで共有

 

(2)スマホ、タブレット画面をスマートボードに
スマホ、タブレットやPCの画面を簡単にケーブルレスで表示
Airplay/Google Cast、WIN Mirror Cast対応

 ・勿論手書きコメント、保管可能

スマートボードの特長で会議の革新を

普段行っている会議がスマートボードを使って行うとどのように効率化されて可視化されるかということを具体的に説明します。
特に、会議を効率的に行うために重要な参加者の視線・意識誘導(聞いている事=見ている事=議論している事)と「議論の可視化」をスマートボードで実現しました。
ホワイトカラーが働いている時間の30%以上を割いていると言われる大切な会議で歯がゆい思いをしていることが解決されることを願います。

会議での7つの歯がゆい思い:

  1. 参加者が配布資料だけしか見ていない、しかも違うところ!
  2. 後で決まったことを「蒸し返す」やつが必ずいる
  3. 議論が脱線して、現在何を議論しているかわからない
  4. 説明されているのだが、何処を説明しているのかわからない
  5. 結論らしきことが決まったようだが、言葉だけなのでよくわからない
  6. 議論から落ちこぼれてしまう(別の事を少し考えていたら・・・)
  7. 後から配布される議事録がよくわからない(こんなこと決まったかな?)

それでは具体的に4つの良くあるパターンの会議についてスマートボードを使った革新を説明します。

  1. アジェンダを使った会議
  2. パワーポイント(PPT)を使った会議
  3. ブレーンストーミング
  4. WEB会議

スマートボード会議の基本

具体的説明を始める前に、全ての会議パターンに共通するスマートボード会議の基本的な考え方を3つ紹介します。

  1. 視点をスマートボード一つにする(情報をスクリーン、配布資料、白板などに分散させない)
  2. 視点誘導をスマートボード上のアノテーションで行う(レザーポインターではなく)
  3. 議事録は議論で作り上げたスマートボードの全板面コピーをPDFで配る。

アジェンダを使った会議

  1. 現状
    • 参加者に配布資料としてアジェンダを配る
    • 議長がアジェンダを見ながら口頭で説明・議論を行い、各項目の決定事項は参加者が各自記入していく
    • 後日議事録が配られる
  2. 問題点
    • 参加者の視線や意識の誘導がうまくいかない(違うところを見たり、違うことを考えたりしてしまう)
    • 決定事項が徹底されない(何人かが違う結論を理解してしまう)
    • 議事録が発行されるが、自分の理解と違う場合がある
  3. スマートボード会議による改善
    • スマートボードにアジェンダを映し、議論をしながらそこに結論を書いて行く(参加者はスマートボードに視線と意識を集中すればよい)
    • 参加者には決定事項の書かれたスマートボードの板面コピーが渡されるので、みんな同一の納得できる決定事項を共有できる

パワーポイント(PPT)を使った会議

  1. 現状
    • PPTのコピーを配布資料としてわたす。
    • スクリーンにPPTを映し指棒かレザーポインターで視点を示しながらプレゼン
    • 詳細な議論が必要になると白板を使って議論
    • 議事録は記録係が人知れず書き、終了時に参加者代表が確認サイン
  2. 問題点
    • レザーポインターで示されると、示された位置がよくわからなかったり、レザーポインターの光しか見ていなかったりする場合がある(視線誘導がうまくいかない)
    • 白板にPPTの元データがないので、議論を明確に進めることが難しいし後で見る人に正確に伝わらない
    • 議事録が発行されるが、自分の理解と違う場合がある
  3. スマートボード会議による改善
    • スマートボードに映されたPPTに直接手書きアノテーションを書きながらプレゼンできる(最適な視線誘導、議論の可視化)
    • 詳細議論を始めるときに対象のスライドをスマートボードのホワイトボード上にキャプチャしてから出来るので、議論がしやすく、記録としての価値が高い(議論の可視化)
    • 議事録として議論の軌跡(アノテーション)と結論が書かれたPPTと詳細議論の板面コピーを配布できる(参加者自身が確認した可視化した議論をエビデンスとして渡せる)

ブレーンストーミング

  1. 現状
    • 模造紙に資料を貼り付けたり、ポストイットを使ったり直接マジックで書き込んだりしながら議論の内容を書き込みながら進める。
    • 模造紙が足りなくなると貼り足して使う
  2. 問題点
    • 議論の効率が悪い(修正困難)
    • 成果物の保管性が悪い

       現状の保管性の悪い成果物

  1. スマートボード会議による改善
    • 無限のホワイトボードにどのような情報でも付け加えそれにアノテーションが書き加えられる
    • ブックマーク機能で視点の移動が間違いなくワンタッチでできる

WEB会議

  1. 現状
    • 事前に資料を配布して
    • その資料を見ながら、テレビ会議すなわち顔を映し出しながら声だけで打合せ
  2. 問題点
    • 視線と意識の誘導が出来ない
  3. スマートボードWEB会議による改善
    • スマートボード会議におけるスマートボードを共有でき、しかも相互書き込みが出来る。

WEB会議で共有画面が重要な理由

スマートボードの特長を活かした4つのソリューションの提案

スマートボードの利用による会議の革新

日本は欧米に比べ会議で議論することが少なく、ホワイトボードの利用も低調です。ましてや、電子黒板の利用は限られているのが現状です。
弊社は、創造的で生産的な会議を実現する為のスマートボードの活用方法を提案します。

スマートボードを導入して会議改革を図る悪い会議の特徴議事録作成の難しさ電子黒板でWEB会議をより快適に

弊社は設立以来電子黒板としてスマートボードのみを扱うスマートボード専門店です。導入についてのご相談は何なりとご気軽にご連絡ください。

弊社が紹介するもう一つのソリューション
新しいコラボレーション基盤g-wise+のロゴ

中堅企業向けのeラーニングクラウドサービスg-wise+を発売開始。本部と代理店様を結ぶ新しいコミュニケーションツールとしたサービスをご確認下さい。

中堅企業向けのeラーニングクラウドサービスg-wise+の新しい研修スタイル反転研修を実現するサービスをご確認下さい。

 企業研修の中心は集合研修ですが、その対費用効果は疑問視されることも多いです。コストが高い集合研修で一方的な授業形式の講習が大きな時間を占めます。この貴重な集合研修の場を議論や実習と言う効果の高い場に変える反転研修の導入を弊社は提案します。

 反転研修で重要な要素はeラーニングです。eラーニングがもたらすメリットを以下にまとめましたご参照いただけると幸いです。

eラーニング導入のすすめeラーニングの始まり人材育成の課題
eラーニング導入のメリットeラーニング導入前に考えること新人研修で大切なこと

問い合わせたは、0422-26-8035まで